証拠金維持率(しょうこきんいじりつ)とは、ポジションを持つのに必要な証拠金に対して占める純資産額の割合です。

証拠金維持率はパーセンテージで表します。このパーセンテージが高ければ高いほど、レバレッジが低く抑えられている状態で、ロスカットされる可能性が低いです。

証拠金維持率が一定の水準を下回るとロスカットされたり追証が発生します。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率の計算方法は「時価評価総額 ÷ 必要証拠金 × 100 = 証拠金維持率(%)」で算出します。

例えば、50万円入金し、必要証拠金が5万円の通貨を購入した場合、「50万÷5万×100」で証拠金維持率は1000%となります。

計算が面倒な方は「証拠金維持率シミュレーター」という便利なツールがありますので、これを活用しましょう。

証拠金維持率はどれくらいが適正?安全な維持率の目安

証拠金維持率はどれくらいが適正なのかは、トレードのスタイルにもよると思います。

デイトレード、スウィングトレード、スワップ狙いの長期投資では証拠金維持率の目安は変わります。

私はスワップポイント狙いの長期投資をしていますが、スワップ派にとっての証拠金維持率の目安は「最低300%以上」ぐらいだと思います。

証拠金維持率が300%だとレバレッジは8倍ぐらいです。

あくまでもこの数字は個人的な目安で、スワップ派にとっての最適なレバレッジは3倍くらいだと言われています。

なのでスワップ派の人は「750%」ぐらいが安全な証拠金維持率の目安になります。

証拠金維持率とレバレッジの関係表

証拠金維持率とレバレッジの関係表
証拠金維持率(%) レバレッジ
2,500% 1倍
1,250% 2倍
500% 5倍
250% 10倍
主に100%を下回ったとき 25倍

参考:証拠金維持率の目安は?適正を知ってロスカットリスクに備えよう

まとめ

私のようにスワップポイント狙いの長期投資では、ロスカットされないことが一番重要だと思ってます。

なので、証拠金維持率は常に意識しなければならない数字です。

でも、レバレッジを最大限かけてデイトレードするという投資をする方もいると思うので、自分に最適な証拠金維持率の目安を知って投資を行いましょう。