こんにちわ!タケぽんです。

4月16日~22日のスワップ収入の記録です。

  • 4月16日(月) 0円
  • 4月17日(火)1041円
  • 4月18日(水)1042円
  • 4月19日(木)4153円
  • 4月20日(金)0円
  • 4月21日(土)1042円
  • 4月22日(日)0円

今週のスワップ収入は7278円でした。これで累計のスワップ収入は「48,999円」になりました。

今週のスワップ収入

最近は証拠金維持率に余裕を持たせるために、新規の買い増しをしていません。

なんか怖くて買えないです。ランドでも買ってみようかな。

今週の出来ごと

今週もトルコリラは荒ぶっていましたねw

昨日18日は、トルコリラ/円相場が一時26.70円台まで上昇して約2.5%もの大幅高を演じた。エルドアン大統領が、2019年に予定していた大統領選と国会総選挙を、今年6月24日に前倒しすると発表した事がリラ買い材料になったと見られる。

選挙を前倒しすることを発表し、トルコリラは結構上がりましたね。

なんかトルコリラが上がるところを初めて見たような気がします。まあ結局26.40円ぐらいでフィニッシュ。27円台いってほしかったな。

来週水曜日(25日)のTCMB(トルコ中銀)政策会合

市場ではトルコリラが反発基調に転じるには、TCMBの利上げが必要との見方があります。来週水曜日(25日)のTCMB(トルコ中銀)政策会合が、トルコリラの動向に影響を与えそうです。

利上げ観測があるだけに、4月25日の会合で4つの政策金利(後期流動性貸出金利、1週間物レポ金利、翌日物借入金利、翌日物貸出金利)がすべて据え置かれた場合、失望感が広がり、トルコリラ売りが加速する可能性があります。一方、利上げが決定されれば、トルコリラにとってプラス材料と考えられます。

来週はトルコリラにとって重要な経済指標が発表されるようです。

利上げされるとどうなるのか正直よくわかっていませんが、とりあえず利上げしてくれ!

政策金利が据え置きの場合、トルコリラ売りが加速する。これはちょっとやばいです。

もうやめてくれって気持ちです。

来週もトルコリラは荒ぶりそうです。

■編集後記
そういえば先週、財布を落としました。

家の鍵、カード類、2万円が消えた。。

しかも電車の中でスラれた可能性が高いんですよね。

皆さんもお気をつけください。