こんにちわ!タケぽんです。

今回は「南アフリカランドの見通し」について記事を書いていきます。

あ、まいどながら私は南アフリカランドについての知識が全然ありません。

なので、他のFXブロガーさんの意見などをまとめていきます。

FXブロガーさんの「南アフリカランドの見通し」まとめ

今後3か月間のランド円の予想レンジは「8.0円~9.6円」

上に挙げた4つの要因のうち、現時点では
ランド円の円高要因:3.アメリカの利上げ 4.アメリカ大統領トランプ氏の動向
ランド円の円安要因:1.原油価格 2.中国経済
となっています。

これらのことから、今後3か月間のランド円の予想レンジは、8.0円~9.6円とします。

こちらは「南アフリカランドで資産運用」さんの予想です。

9.6円ぐらいまで上がったら凄いですね。

大量保有しているスワップ派の方は爆益になるのではないでしょうか?

タケぽんは以前、南アフリカランドが6円台になったときにスワップ投資を始めようと悩んでいましたが、そのときに始めてたら今頃結構なプラスになっていたかも。

向こう1年間の南アフリカランドの対円相場のレンジを1ランド=8.7~10.5円と予想

政権交代に伴うセンチメントの改善から、野村證券では、3月と5月に0.25%ポイントずつの利下げを予想しています。新政権による財政健全化や汚職撲滅が実現すれば、ランド相場は追い風を受けやすいでしょう。野村證券では、向こう1年間の南アフリカランドの対円相場のレンジを1ランド=8.7~10.5円と予想しています(※無登録格付け)。

こちらは野村証券さんが運営しているサイト?の見通しです。

最高で10.5円ぐらいまで上がると予想しています。

ズマ辞任の影響は?中長期的には12円以上

  • 短期的にはNYダウ安からのリスクオフのマイナスと、ズマ辞任のプラスが相殺されレンジ相場を予想
  • その中で今月発表の南ア予算からのムーディーズの格付け発表が注目ポイント
  • 世界的なリスクが顕在化すれば、一時的に7円を超えて下落する可能性はあるが、中長期的には戻すと考えられる
  • 2018年末のレートはラマポーザ氏の政策手腕にもよるが、10円超えが基本線
  • 中長期的には上値余地は大きく、12円以上になると期待される

こちらは為替研究所さんの予想です。

中長期的には12円以上か。スワップ派の人たちは儲かって笑いが止まらないでしょうね。

ランドがここまで上がってくれれば、今よりもっと高金利通貨が注目されて盛り上がるかもしれないですね。

南アフリカランドの見通しは明るい

いくつかのサイトを見て回りましたが、総じて「今後、南アフリカランドは上昇する」という意見が殆どでした。

しかし「高金利通貨に暴落は付きもの」だと思うので、資金管理をきっちりして、いざという時も耐えられるぐらいの余裕は持っておくべきでしょう。

タケぽんは現在ランドは保有していませんが、もし次暴落したら南アフリカランドも購入してきたいと思ってます。

■ 編集後記
南アフリカランドが6円台のときに仕込んでおけば。。

あと、皆さんどうやって情報収集しているのかな。
もしよかったらおすすめのサイトとか教えてください m(__)m